2017年1月31日火曜日

眠りとお金の闇の部分

昔から”寝る子は育つ”等と申しますが、いまだに睡眠というのは本当に謎が多いのです。

友人に睡眠分野の研究者が二人おりますが、20年位前からその人たちのお話を聞いていても”睡眠”の研究はミクロのレベルでもマクロのレベルでもまだまだ解らんことだらけだな〜って本当に驚かされてきました。

私達眠りの専門家ではない普通の医師にとっては、睡眠は患者さん達の入院中もしくは外来通院中の人達にとっての大きな日常生活上の問題として常に解決を突きつけられる”医師にとってもほぼ日常の問題”そのものなのです。しかも、かなり切実なリクエストとしての。

眠りをコントロールしてあげることは、患者さんからの信頼を得るための大切な行為です。ところが、医師側としては患者さんが薬に頼る前に患者さんたちにはまず変えてもらわなければならない幾つかの生活習慣、一連の日常の行動変化への指導などがあるんですね。しかし、そういったことはなかなか言うことを聞いてくれるわけでもありません。特に高齢の方々は。w 

また、若い方々の場合は不眠というより生活や仕事の上で必要な夜更かしの生活習慣そのもので昼夜逆転と言うパターンも非常に多いので、この場合はなかなか医師といえども”相談者が必要に迫られて”選んでいる夜型生活に口をだすのも憚られますし、なかなか”微妙な問題”でして、実際には難しいものです。

そこで、医者が出すのはどうしても次の一手としての”お薬”というパターンになることが多いのですが、これも実に成分も作用も様々。薬効別に製薬業界では巨大なマーケットが形成されておりまして、実に様々な薬が時代時代のチャンピオンとなることを求めて種々の薬を毎年のように出してまいります。

いまの流行りはオレキシン受容体拮抗薬。実際の名前はベルソムラという製品名なのですが、この薬の使用が燎原の火のように医療現場では広がっています。ただし、この薬は大変良い薬でもあるのですが、副作用の発生、特に悪夢を見ることが通常よりも増える傾向がありまして、患者さんから真顔で「先生、久しぶりによく眠れたんですけど本当に怖い夢を見ました」などと言われると、口まで「あ」と出そうになることがあります。

実際には処方前にきちんとそういった可能性もお話しているのですが、患者さんはそんなことはあんまり聞いてくれておりません。その瞬間の最大の関心は「今晩その薬が効くか効かないか!」ということ。まあ、普通ですよね。とても患者さんを責められません。

そこで、再度説明して、その副作用が消えないようであればまた薬を別のタイプに・・・と言う事になります。

依存性、その他の副作用を形成しやすいベンゾジアゾピン系の睡眠薬と言うのがあるのですが、”効き”と言う意味では比較的効果を実感しやすいものの、この処方を漫然と続けてしまう医師が多いために薬から離脱できなくなって依存してしまう患者さん達がゴマンといるのもまた事実。

これは医師側の問題でもありますし、その”依存”に陥った患者さんが病院を転々として薬を手に入れようとしたり、その患者さんが転売目的で、またはそれらの薬がほしい患者さんに売りつけるための闇のマーケットまで昔から公然と存在しているのですから、これって実は大きな社会問題なんですよね。

眠りとお金なんて、関係ない人には全く関係ない世界なんですが、実は世の中にはそういった世界があることもまた知っておいていただいて用心しておくのもよのかもしれません。

人気ブログランキングへ

2017年1月30日月曜日

あっという間に半年切って・・・

もう1月も終わります。

この前までアメリカで年末に引っ越しの為の家の大片づけをしていたと思ったらもう一ヶ月経過。良く考えてみると次のアメリカ行きまでには四ヶ月半くらいしか時間がないことがわかります。あれやこれやで準備をしているうちに、すぐに汗ばむ季節になってしまって、その後は多分グッタリになってアメリカから帰国してくるんだろうというのが私的な予想。w

まあ、大所帯で移動するのですから疲れるのは仕方ないと割り切るしかありません。それにしても一度カウントダウンが始まると何事も早いもんで、それこそあっと言う間ですね〜。
長女が大学に合格した日のことも昨日の出来事のようにアリアリと覚えていますが、その娘も今はDCで仕事しているし、こんな感じでまた次女が大学に入ってからの四年という時間も飛ぶように過ぎていくのでしょうか・・・。

やらまいといけないことをちょこっと思い出すだけでも、以下のようになります。

  • 次女の大学の寮への引っ越し(これはもう、私自身は諦めていて、長女にお小遣いあげて頼むことに決めてあります。)
  • 引っ越しのための業者の手配とタイミング探し(嫁さんの仕事です。)
  • ペットと家族のためのチケット確保と種々の確認事項の事前再確認
  • 家の保全を誰に頼むか、業者はどうするかの決定とコミュニティー・オフィスへの通知
  • やがてアメリカの家にやってくる日本人駐在員の家族のためのいろいろな情報伝達をどうするかの考案
  • アメリカを去ったあとの郵便物の配送手配のセットアップ

いろいろ有りすぎて・・・。まあ、腹を括るしかありませんね!

人気ブログランキングへ

2017年1月29日日曜日

路上生活者の人たちのお話・2

さて、アメリカでは入国拒否の大統領令を15州及びコロンビア特別区の司法長官が違憲として退けようとしております。アメリカの強いところは、頭のオカシイ連中には必ず少数意見であっても表に出てくる反対者がいるという点。今後の推移を見守りたいと思います。

さて、前々回に書いた路上生活者の人たちのお話の続きですが、これらの人たちの多くは役所の生活保護課の人達と何らかの繋がりがあります。好むと好まざるにかかわらず・・・。(この手の話に関しては名古屋での出来事しかわかりませんので、他の地方都市とか他の大都市の話は私のものとは若干、もしくは大きく違うものなのかもしれませんのでその点は予めご了承を。)

生活保護を受けている人に対しても受けていない人に対しても、実は役所の保護課の人達というのは名古屋市内に居る殆ど全ての路上生活者というのをほぼ完全に把握しているのだそうです。(この話は保護課の人達と日常的に仕事の上で交流している当院の社会課の複数の人達から聞いた話ですので間違い無さそうです。)

本当にローラー作戦と言うべき地道な方法で把握を続けていて、公園、高架下は言うに及ばず、橋のたもと、河川敷のダンボール、草むらの中の隠れ家、ビルとビルの間の隠れ家などもきちんと巡回して健康状態なども把握しているとのこと。
その中で、これはイカン!と思える人などは説得を試みて何とか病院に来てもらって隠れた病気がないかなどをまず一次スクリーニングしてもらったり、健康そうに見える人などはその身柄を安全で三食が供されるような救護施設に移したりしていくのだそうです。

実際にここでも何度も書きましたが、例えば病院に来たそういった人たちの中には先ず体中が猛烈な臭気を放って居ることも多く、体中の汚れを落とすのに二度シャワーや風呂に入ってもらうこともままあります。
それでも、体表の汚れは一度で落ちないこともあり、長年にわたって皮膚の上に皮として固着してしまって、数回の入浴によってやっと綺麗になっていく人も時にはいるのです。

私はこういった行為は一度社会のセーフティネットからこぼれ落ちた人たちへの再度の挽回策だと考えています。三度の食事という習慣に慣れない人を三度の食事に慣れてもらい、体を清潔に保つことの気持ちよさを覚えてもらい、屋根のあるところで眠る良さを覚えてもらったあとで、次の施設に移ってもらい、作業を覚えてもらったり、自立する道をじっくり探してもらうことの手助けをすること。

実際には超高齢であったり、体や精神に障害があったりして上手くシステムに乗せてあげられない人もいますが、それでも私はこういった行為は”余計なお世話”だとはとても思えません。憲法で定められた日本人の持つ基本的権利を享受してもらうとともに、納税者として再び社会に戻っていってもらう大切な過程だと考えています。

”役立たず”と言われる人達がその安全を阻害されず生活できる社会こそがまっとうな世の中だと私は信じています。

人気ブログランキングへ

2017年1月28日土曜日

悪性自己愛・・・これだったか!!

子供大統領が狂ったように大統領令を出しています。

そういった記事を読んでいる中である記事が目にとまり”ナルホド”と思える文章に出会いましたので、昨日の続きをちょこっと延ばしてこの日記を記録しておくことにしました。娘が行っていた大学の心理学の教授が書いていたトランプ大統領に関する心理学的分析の一端の記事に出ていたもので、彼が何者であるかを書いた文章でした。

それによると、日本語では悪性自己愛であろうというもの。ロクでもないナルシストであることは見れば一目瞭然というやつですが、こいつのやってる知性の欠片もない子供じみた演説とそれに熱狂的に反応する連中の姿を見ていると、ナチズムがアメリカにもやって来たのかと思えてしまいます。一度上の定義を読んでみてください。

ホワイトハウスの報道官がメディアに第一報としてリクエストしたのが大統領就任式の参加者の数を正確に伝えろというリクエストだったり、科学者たちに向けてそのデータをシェアしないように命令(万一に備えて既に業界では実験データを別にコピーしまくっているとまことしやかに仄聞しておりましたが。)したり、拷問は効く!と言っているのを科学者から否定されたり、同じ共和党重鎮の(私の尊敬する)マケイン氏に皮肉タップリに真正面から揶揄されるなど、この人大丈夫ですかね?

私が大丈夫かどうか心配しているのはこの人自身の頭の中身(既にいかれているのは知っている)ではなくて、政権として持たんでしょう?という心配。 他人事ながらtiwitterのtweetを 見ていると、このオッサンに投票した人達が大量にオッサに対して失意表明をして「俺・私の票を返せ!」と喚いています。このオッサンに投票するのもクリントンに投票するのも多くの人はしたくなかったはずですが、対抗馬が糞すぎて消去法でこのオッサンに投票してしまった人によるregretが大半なのだと思いますが。(要するにコア層ではないという意味で。)

どうやらイスラム国家群からの合法的ビザ所有者にも入国禁止令を出す大統領令を出すとか・・・。
お前、ビジネスマン気取りでアメリカ合衆国大統領するなよな。本人はスピード感出してるつもりかもしれんけど、脳みそ空っぽすぎてヤバイですわ。

Malignant narcissism...アメリカの今年の流行語になるかも?

人気ブログランキングへ

2017年1月27日金曜日

路上生活者の人たちのお話・1

多くの人にはあまり関係ないかと思いますが、病院では区役所の生活保護の担当者から依頼があって路上生活者の緊急収容をすることがよくあります。

屋根のある暮らしをして、三度の食事を作り、家族兄弟と連絡を取り合っている人達には全く想像もつかないような暮らしをしている多くの人がこの日本の空の下にも沢山居るということは忘れがちです。私達が考えている”普通”の暮らしぶりからは隔絶されているその人達の中には福祉行政の保護の網の中に助けられることもなく、逆に出ていこうとしている人達も意外なほどたくさん居るということを臨床の医師としてこの世界に戻ってきて以来、当たり前の事実として知ることになりました。

いわゆる”やらかしてしまって”保護課の人間の援助の手を逃れている人のなかには、何度も徹底的に偽名を使って最後まで逃げている人間、警察から居所を掴まれたくなくて名前を変え続けている人、実際は警察からはXXの病院に居るということを知られていても”病気治療中の間”は目をつぶっていもらえているような感じのレベルで保護されているのか?と思える人などがおり、、これらの人々の多くは本当に様々に理由で保護される事自体を全くありがたがっていない人達が多いのです。

長い間に懇意になってくると、ホントウデスカ!?というような驚きに満ちた過去の話をし始める人もいれば、話を盛りに盛って明らかに嘘だと分かる話を滔々と語る人、また、路上生活をする上でのコツやどの地区ではどんなふうに過ごすのかというようなことを事細かに教えてくれる人も居ます。

私自身も、それほど忙しくない日は可能な限りそういった話に耳を傾けるようにしております。半分は患者さんとのコミュニケーションを円滑にして看護師さんにも話さない社会課担当の人にも話さないような話を医師である私にはしてもらえるように信頼関係を醸成するという目的。後の半分は単なる興味津々でのもの好きとしての側面です。

最近面白かったのは空き缶集めの人の話でしたね。本当に景気に左右されるのがよく分かる話満載でしたが、昨今はアルミ缶も中国の買取価格に影響されているようで、名古屋周辺で以前は帰路120円位だった空き缶が最近は帰路90円まで下落しているというようなこともその話の一環として出てきました。

とりあえずは今日の文はこのあたりでおわり。眠いです。w

人気ブログランキングへ

2017年1月26日木曜日

そろそろアメリカからの引っ越し準備?

実はアメリカから家族が日本へ戻る際の飛行機チケットなどの準備をしないといけないと嫁さんに言われています。

まあ、私と違って何事にも心配症で先回りをするキャラはまさに嫁さんの母親譲り。例えばどこかに行くとなったらその二時間前にはもうキッチンのテーブルの椅子に準備万端で腰掛けているのが義理の母。w

昔は嫁さんも私と一緒でのんびり構えているタイプでした。最後の最後まで髪を梳いたり服を着替えたりということにフツーに時間を使う女の子だったのですが・・・。子供が一人増え、二人増えするうちにアラ不思議!当然のように誰よりも早く準備して外出の身支度を終え、子供達全員に服を着替えさせというようなことをやっているうちに私よりも遥かになんでもしてしまう人に”変身”してしまいました。

取り残されたのは私だけかと思ったら、一昔前までは子供達も実にのんびりのまま。しかし、長女は大学に行っているうちからいきなりしっかりし始め、アレほどズルズルしていたのが仕事についてからは更にそれに磨きがかかりビシっとするようになって、今ではずんだれているのは私と次女だけになりました。orz

これで次女までが大学行って更に仕事しだして変化してしまったら。まあ、それが成長か?いいんですが・・・。

脱線してしまいましたが、その嫁さんが私にはっぱをかけて参りました。曰く、家族四人分とワンちゃん、ネコちゃんの分のスペースを確保せよとのお達しです。人が乗れてもペット二匹が乗れなければ意味が無いのはわかっていますが、DCで働く長女以外の分はとりあえず半年先のチケットをとらなければならんという指示ですのでちょっと真剣に考えねばなりません。

6月頃の家族四人の飛行機運賃を考えただけでゲンナリですが、それも致し方ありません。アメリカなら必要経費になってくれるはずのものが日本では認められるはずもありませんし。とりあえず帰国の便はANA便か、名古屋直行が可能なエアカナダあたりを考えております。

いろいろと私なりにやらなければいけないことも多いのですが、まあ、このあたりは文句を言わずに淡々と準備することに致しましょうか。

人気ブログランキングへ

2017年1月25日水曜日

大人の秘密基地

実は今週の日曜日に当直が終わって名古屋のパルコに行ってまいりました。

目的はただ一つ。それは「大人の秘密基地」展に行くためでした。百万言を費やすより実際に撮ってきた写真を見て頂いてどんなものがあったか見ていただきましょう。
テレビCMのワンシーンにも使われていたボトルシップ。
恐ろしく精密に作り込まれていたモデル群。塗装の仕上げ感はありえないレベル。

こういうところは元の模型にはなくて勿論御自分で写真やスケッチを元に作られているはず。

蓄音機。しかも超巨大。

ここまで来るとジオラマも芸術品

ありえないレベルの大和の作り込み。艤装のワイヤーとかはもうね・・・。

甲板のウッドは全てフラットな籤がずらりと並べられているという恐ろしさ。 
一台でいいから玄関に飾ってみたいですな・・・。


これも説明しなかったら本物を上から撮った?と言われそうなレベル。

ため息の出る作り込みです。俺には十年かかっても無理。w


これらを作らている方と直接話す機会がありましたが、シンバル?の部分は何と手で切っているのだとか。


美味しそうな食品のミニチュア模型の数々。

ほのぼの感満点!

メルヘンですな〜・


奥のホンの作り込みもしっかり。今貸本屋ってこんな感じのは生き残ってるのかな?


バードカービングも物凄いレベル。


もう、今にも動き出しそう。

まるっきし本物。





アートレベルのジオラマ。皆それぞれにストーリーがきちんと出ています。

サレンバーガーのハドソン川の奇跡まで!


もうね。絶句ですよ絶句。
 趣味の世界も極めると、ここまで来るんですね。究極の趣味道を見た思いがしました。これで1000円なら納得です。
この手の展示会には初めて行きましたが、パルコ偉いよこの企画。テレビ愛知でやってるんですね。テレビ見ないので知りませんでした。w

人気ブログランキングへ

2017年1月24日火曜日

お婆ちゃんと大寒

私の受け持ち患者さんの一人にお婆さんが居ます。

この方、脚が不自由で歩くことはままならないのですが、八十過ぎても頭脳は明晰。認知症のテストでは2種類の簡易テストにおいてどちらも満点を取りました。通常、認知機能に障害がないと言われる人でもどちらのテストにおいても満点を取るというのは高齢者になるとかなり難しいものです。(50代でも満点を取れない人なんていくらでもおります。)

いわゆる一点、二点程度の小さなミスは通常あるものなのですが・・・。
以前、94歳のお婆ちゃんで満点を取った驚異的な方が居りましたが、この方は本当に自分史における昔の細かい日付まで本当によく覚えておられました。今回のお婆さんはその亡くなられたお婆ちゃんに次ぐレベルの記憶力の持ち主ですね。

この方との話の中で”季節”と言うものを認識する単語として小寒、大寒という言葉が出てきたので内心「ああ、そう言えば!」という感じで直ちにネットを調べて少し知識の肉付けをしてみることにしました。

例によってネット上で幾つかのサイトを調べて読んでみますと、二十四節気の立春前の時期で、一年で最も寒く寒稽古が行われる時期。通常1月20日前後であるが実際には”期間として”1月20日から2月3日まで”となっとるようです。
こういった歴(れき)に関する知識というのは、私にとって年間の休日と結びついた行事の知識とともに全く知識の欠落している分野の一つ(沢山有る無学領域のうちの一つw)でして、いい年コイているのに情けない限りでございます・・・。orz

それにしても風も吹いてないのにこの体の芯まで冷え込みが浸透してくるような寒さというのは一体何なんでしょうか。地球温暖化とは申しますが、この瞬間ばかりはそれには納得できませんね〜。

それでも、岐阜から来ているドクターに言わせると「昔の飛騨高山なんかに比べれば最近の寒さは全く軟弱レベルですw」とのことでしたので、九州出身の人間にとっては・・・という前提条件付きの大寒みたいです。トホホ。

人気ブログランキングへ

2017年1月23日月曜日

娘の合格通知とスカラーシップ

娘の合格通知がゆっくりですが届き始めています。

一体何校へ申請を送ったのかいまいち良くわからないのですが、10校くらいには送ってるんじゃないかな?良くわかりませんが・・・。親なのにそこ辺りも含めて全部娘任せです。w
自分の大学受験の時がそうだったし、本来もう18にもなればそんなことは自分でやれ〜、くらいの感じで対応しておるのですが、アメリカ人の親はこういったことにはかなり積極的にヘルプをしているんだそうです。

まあ、よそはよそ、我が家は我が家ということで大した事をしておりませんで、我が家が出すのは金だけ。口も出しませんがヘルプの手も殆ど出しません。”自分の未来の書面準備くらいは自分でやっていただきましょう”って言う感じです。

ただ、娘には既にこの苦労を経験し、大学を卒業したばかりのお姉ちゃんという強い味方がおりますので、彼女がどうやらスカラーシップのことを手伝ってくれるみたいです。(希望的観測も含まれておりますが。)

私が経験している範囲では合格通知が届いてしばらくしてからスカラーシップの通知が来るというのが殆どで、合格通知とスカラーシップが同時に来ることはあんまりありません。

今のところ娘が受け取った合格通知は4つ。そのうち既にスカラーシップの通知が2件ありまして、四年間の間に合計が4−5万ドルくらいで提示されているようです。学長スカラーシップと言うやつらしいのですが、まあ、GPAがある一定の点数以上であれば家の経済状態にあまり関係なく出してくれるスカラーシップですね。
このスカラーシップの使い方は四年間で均等に使っても良いし、いきなり全ての額を突っ込んでも良いとの条件が付帯しているようですが。

年収がもっと低かった大学の教員時代にはもっと大な額のスカラーシップ(ほぼ8−9割のtuitionを払ってくれるもので年額が5万ドル前後のオファー)が出ていたんですが、今はちょこっと無理っぽいですね。

娘に届く合格通知証が後いくつあるのかはわかりませんが(娘にとっての本命がどこかはいまもって知らず。w)、親としては本命から通知が来て欲しいものですね。

人気ブログランキングへ

2017年1月22日日曜日

娘がDCに抗議に行ってきたそうな

やっぱり銃と抗議で民主主義を己の手で作った人たちの集まった国は違いますな。

娘がアメリカで学んだ民主主義は、押し付けられたというか”上から推し戴いた”どこかの国の民主主義とはその中身が全く違うようで、身をもって意見表明をするアメリカ人の行動様式がそのまんま身についているようです。

彼女は就任式の翌日のまだまだ皆が残っているDCに赴いて、抗議行動の列に入ったのだとか。右も左も入り乱れた主義主張の並ぶワシントンD.C.だったようですが、その様子をLINE経由で何枚か送ってくれましたので、ちょこっとおみせ致します。

私が彼女から抗議に行くことを聞いた時のただ1つの親としての一言は「逮捕されんなよ〜w」ってものでした。
最初はモールにあるアメリカ公文書館辺りかなと思ったんですが、どうやらNational Art of Galleryみたいです。
トランプに対して”お前は醜いアメリカ人の縮図だ”と書いてますね。


三々五々集まってこうやって寒空の中を声を上げているわけなんですが、結局こういう人たちの発現は左右真ん中関係なしに各報道関係者の観察と思惑に沿って世界に発信されていくわけです。トランプの女性に関する見識というのは、まあ、結婚離婚を繰り返してきた相手の女性がみな白人の似た顔のモデル、もしくはモデル風の人間。(まったく私好みの女性ではありませんが、それはここでは主観の差ですので割愛。w)

トランプの持つある意味”シンプル”な世界観はイナカモノのハートを掴んで離さないようですが、イナカモノが自分たちが推薦した白馬の王子様にバッサリと切られた時にどう反応するのかもワタクシ的には実に見てみたい風景でもあります。何れにしても、その時はこの手の精神的イナカモノがポピュリスト大統領として君臨することは二度とアメリカにおいては発生しないと思われます。

そのときはまたまたアメリカのイナカモノ達はレッドネッキーズってコケにされ、アメリカ史の中ではメジャー・プレーヤとしては二度と水面には浮き上がってこないんでしょうな。きっと・・・。

人気ブログランキングへ