2018年1月15日月曜日

個人的体験としての医療経済

医療で金を儲けることなんて考えないほうがヨロシイと最近改めて思っております。

自分の受け持っている責任病棟の医療区分というものがありまして、”大雑把”に言いますとそれがどの区分の患者さんを何割持っているかによってそこに支払われる医療費の額が変わるんですね。
しかし、実務的には、日々行われる業務の中でどのような患者を受け容れるのかどのようなタイプの病棟を目指すのかということで、その性質や区分は大きく変わってくるんです。

来年度の春をもって一旦この区分認定が一旦固定されるのにあわせて患者さんの受け容れ体制をいろいろと整えているところなのですが、どのタイプの区分を目指すかが直近まで理事会から示されなかったため、直前になってドタバタの決定を行う羽目になりまして、その割りを食った私がこの二ヶ月ほどその調整にヒーヒー言って走り回っております。

いろいろな病棟との調整、患者さんの受け容れ体制の微調整、社会課との交渉、他病院や施設との話し合いなど数え上げたらキリがないほどの事をやり込んでいきつつその区分認定を維持できる患者さんが何%病棟に居るのか経営者の目を持って対応していかなければならないのです。

正直そんなことは”全く”やりたくないのですが、それを今月中に達成しておかないと一病棟で年間数千万の収入減になるということで生き残ろいをかけての調整となります。

だからといって、患者さんを使ってインチキ治療をやったりインチキ検査をやる気はこれっぽっちも有りませんので、そこは正直太郎として対応し続けることになります。

「こうなれば意地でもやってやる!」と言う感じで、看護師さん達の雇用と給与を病棟責任者として守ろうと言う感じで頑張ってやっておりますが、こんなことしなければ維持できないくらいなら、最初から医療で金を勘定すること自体、オレ自身はしたくないな〜と心の底から思う今日このごろでした。

2018年1月14日日曜日

翻訳・通訳の未来

次女が大学でアラビア語とロシア語を学習していることを以前ちょっとここで書いたことがあります。

しかし、最近のニュースを見ているといろいろな会社が超小型のデバイスを用いてかなりのレベルのダイレクトな二ヶ国語、多国語間での自動翻訳が出来るようになってきています。
”AIを使った”というのがそのミソみたいなんですが、いろいろな言語を日本語や英語に約扠せてみても5年程前のものとは間違いなく”レベル”が違っているなというのを肌で感じますね。

この前日本に帰ってきた時に次女にそういうことを話してみました。「Googleとかがガンガン凄い自動翻訳機能を出してきてるけど、それが本当に進化してきてリアルタイムに正確で美しい翻訳できるようになってきたらあんたどうするん?」という質問を投げかけてみたのです。

次女の答えは簡単で、ニッコリ笑って「I don't know!」と一言だけの返事でした。

実際のところ私自身もその返事が最も正直、かつそれなりに正確な答えではないかと感じています。結局のところ、己が頭を使って言語を習得していく過程という行為そのものが言語の習熟という最終的な結果そのものよりも”人にとっては”大切な行為なんだろうと思います。

しかも、未来の彼女にとっては言語というのはあくまで仕事をする上でのツールの一部ですから、彼女自身が人として他に持っているものは何か、という点が彼女自身の未来を決めるのでしょう。
そういう意味では言葉を自分の土台にしてそれを操ることで、その上にある更に高いところにある”何か”を掴み取ってほしいなと考えるオヤジでした。

2018年1月13日土曜日

風呂場でKindle

え〜、アホな人間なので大きく失敗するまでなかなか反省したり行動に移すことが出来ない典型的な愚か者です。

今日もまたやらかしました。本日の失敗は”いつも”やっているKindleを風呂場に持ち込んでの失敗で、御想像通りのことなんですが、浴槽でず~っと本を読んだ後に立ち上がろうとした時、右側の壁にある1センチほどの出っ張りの事をスッカリ忘れていて、そこにキンドルをボコっと当ててストーンとキンドルが水の中に落ちていったのでした。

その瞬間「感電かな?」と思いながら落ちていくキンドルがコマ送りのように見えたのですが・・・幸いなことに何も起きませんでした。今回はバスロマンの”檜の香り”を入れておりましたので、落ちていったキンドルは白く濁った水の底で見えなかったのですが、恐る恐る手で探りを入れると直ぐに手の先に触りました。

直ちに持ち上げて風呂場を飛び出しタオルで急いで表面と周りを拭き取り。
その後、画面を見るとまだ画面のインクは見えております。しかしなんとなく色が変・・・。それでもめげずに電源コードとスイッチの部分の水を除くために遠心力を付けてキンドルを振り回してタオルとティッシュを使って水を抜き取ります。

その後、もう一度恐る恐る画面を見るとやはり様子が変。当然ですよね。orz
それでも電源など入れず、自然乾燥を行なって見ると濡れた携帯などでも時間が経つと全く何事もなかったのように動き出すことがありますので、焦らず放置しておりました。

翌朝、驚愕の事態が!
事情を知らない嫁さんが思いっきり電源を突っ込んでフルチャージ。うちの嫁さん、趣味が充電という変な人でして、充電率が60%くらいになってくるともうソワソワしだすような小心者。まあ、おかげで色々と助かっっている面もあるんですが、今回は内心「逝ったかな?w」と思いながら画面を操作してみると取り敢えず元に戻ってくれておりました。

ホッ。

そもそも風呂の中で読むなよな。オレ。(しかし、これからも普通の紙の本はまだ読むつもりです。)

2018年1月12日金曜日

いい加減もう変えればいい・・・

雪やこんこんというのは私にとっては、降り始めから数日は楽しいことですがそれも続くとやっぱり正直飽きてきます。

更にそれが”物凄い”降雪量だと経済活動全般に影響をおよぼすことも普通に起きますし、人の命がかかるインシデントが起きることも。ニュースを見ていると、列車に閉じ込められた大勢の人達が十数時間も閉じ込められたと報じられていましたが、水や食料がなくてもまだ若い人たちは”なんとか”ぎりぎり大丈夫かもしれませんが、高齢者や子供さん、高血圧や心疾患、腎臓病などの循環器、泌尿器疾患・糖尿病などの代謝に関連する基礎疾患を持った方々にとっては冗談抜きで命に関わる状況だったと推測されます。

救急隊も到着に難儀したとのことですが、やはり12時間を超えるようなレベルでの電車内での”閉じ込め”は自衛隊レベルでの救助要請を出すべきだったのではないかと私個人では考えます。少なくとも私が社長だったら”その程度は”考えてやるでしょう。

さて、この時期毎年毎年話題になるのが共通テストを受ける学生さん達の雪や氷との格闘です。
いつも思うんですが、もうこの時期にこう言った”一生に関わるイベント”が、国歌主導のもとに選りに選ってこの時期に行われるのをいい加減やめろよということ。日本のように国土が南北に伸びている国で、とても同じ条件とは思えない環境下で国家による一発勝負の統一試験を行うのは馬鹿げていると思うんです。

アメリカみたいに何度かの試験の結果の一番いいやつでもいいだろうし、少なくとも学制を変えてでも気候が穏やか目の時期に試験を持ってくればいいと思いますが?
試験会場の近くにホテルをとらない甘さがとか何とか言う連中が居るのは確かですが、みんながみんなそんなことが出きる訳でもないという事くらい経済的、地理的多様性を考えれば誰でも理解できること。

外国語である韓国語の試験の平均点が常々20-30点高くても補正されない不公平さと相俟って、いつも私の中で小さな怒りのネタになるのイベントなのでした。

2018年1月11日木曜日

長崎に大雪!

嫁さんの実家からびっくりするようなレベルの降雪があったというニュースが入ってきました。

家は長崎なのですが、実際に義理の親父さんが玄関先で写っているスマホで送られてきた写真を見ると、軽く厚さ10センチはありそうなフカフカの雪が一面に積もっています。おまけにず~っと向こうの景色も深い深い雪で覆われて、山肌一面が真っ白。

雪といえば名古屋の雪は少なくとも私が経験している範囲では全然根性がないですな。
降ることは降るんですが、その位置に比べて積もることは少ないし、積もったとしてもアッと言う間に消えてばかり。雪や雨が”大好き”な私としては、そういった季節の振れ幅を愉しむ要因の”振幅”が少ないのは大変残念なのです。

アメリカではバージニアもメリーランドも降るときはきっちり降って降り積もることが殆どでしたし、ドカ雪が来たときなんかはホントに一晩どころか数時間で歩行困難に、そして翌日は車がどこにあるのかわからないレベルにまでなったこともありましたし。

少なくとも名古屋では四駆を積極的に買う理由は見当たりませんが、これが岐阜や長野になると四駆でなければやばい季節というのがまさに今来てますからね〜。昨年の冬と春には確かそれぞれ一回づつ四駆でなければ運転が難しいような日があったと思うのですが、今年はまだ元気ないですね。

雪雲にはキッチリとカタをつけて欲しいものです。:-)

2018年1月10日水曜日

未だにやっとるのか・・・

この手のことは世間の反応とずらして書くことが多いのですが、今度の正月はこれはさすがに・・・と驚くことがありました。

それは今年の正月スペシャルで流されていた「ガキの使いスペシャル」での出来事でした。皆さんも実際にみた方やネットのニュースを介して御存知になった方もおられるとは思うのですが、浜田雅功が顔に黒ずみを塗ってエディマーフィー?に扮した状態で”笑ってはいけない”状態を保とうとする訳でしたが・・・。

私は嫁さんが正月のこう言った番組を日本で見ることを楽しみにしていたことを知っていたこともあり、久しぶりに見る日本の年末年始の番組に、自分自身も「ああ、懐かしい。そう言えばこの番組あったな〜!」と視始めたのですが、番組のかなり頭の部分で浜田が黒塗りの顔で登場したときは、一瞬で「知らんぞ・・・」という言葉が口をついて出ました。

どう考えてもこれはミンストレル・ショー。それを21世紀のお茶の間で流すというのは”もしアメリカだったら”テレビ局自体の瞬間的廃業レベルの騒動になるんじゃないかと思いますし、ディレクターでは首が軽すぎて償いきれず、最低でも経営陣全体の大幅刷新か株主集団訴訟になると考えます。おまけにそのスポンサーまで全部降りることでしょうね、ほぼ永遠に。

まあ、少なくともそれをやらかしたタレントは彼の国だったら一生逆にそれを”やらかした男”としてレッテルを貼られて表舞台で活躍することは無いでしょうね。日本で言えば未成年淫行男としてどこでも後ろ指をさされ続けている山本圭一みたいな感じでしょうか?

今回の件に関する日本人の感想というのはネット上に溢れていますし、私自身はその意見に対する意見を言う必要も無いので、敢えてこれ以上は感想を付け加えることはないのですが、この企画を番組として通した人間の時代感覚のズレと現状認識への無知っぷりは震えるほど激サムです。

唖然というのはこういう時に使うんでしょうね。時代が21世紀だろうと、住む場所が先進国だろうと、田舎者は田舎者ですな。

2018年1月9日火曜日

風邪とインフルエンザ

何だか病棟で熱発者が急に増えてきています。

あと外来も熱と咳で仕事にならないという人達でガヤガヤと言うレベルにまでなってきています。それだけではなく、実際に病棟職員の家族(大人か子供か関係なく)、そして職員本人も・・・。

実際に名古屋でも次第に患者が増加し始めているようで、下のように立ち上がり始めています。
これにパラレルに走るように風邪の人達も診療実感としても実数としても明確に増えています。
この前、ある用事があって名東区の休日診療センターに立ち寄ったのですが、そこもワンサと患者さんがいてそのうちかなりの人達がゴホゴホとされていたので、ヤッパリそうなのかな?と思った次第。

更に今日、ある別の病院に行ってみたところそこの外来で働いている知り合いの看護師さんも「この一週間で数十人と言う単位でインフルエンザの患者さん来てますね〜。しかも、AもBも万遍無く見つかってます。」と話をされておりました。

アメリカに居た頃は「あらら、インフルエンザ?タイレノル飲んで寝とけ!w」で、病院なぞまずもって行こうともしませんでしたが、日本は治療に金と手間かけますよね。
二次感染からくる肺炎なんかが怖い高齢者を除けば、実際のところ若年者の多くは熱が出ても解熱剤を飲んでおけばマア5日もあれば熱も下がりますしね。

我が家の子供達は40度位の熱が出ててもぴょんぴょん走り回っていてこっちが驚いたことがありました。

皆様も”マスクと水うがい”をお忘れなきよう。”少しは”感染させたり感染したりするリスクが下がります。

2018年1月8日月曜日

患者さんからの手紙

精神科の病棟に行くと時々特定の男性患者さんから連絡の紙片や手紙を渡されることがあります。

ここ数年そのようなことは沢山ありましたが、その多くは数学の質問や患者さん御自身が思いついたという新たなアイディアに関する提案でしょうか。その他には自分の文学的作品(多くは短編)を渡してくださる方などでしょうか。

残念ながら、その多くは「私的には」なかなか理解できない内容が多いのですが、その独特の内容からは患者さんなりに大変一生懸命考えたのだろうな〜、と推測されるものも結構沢山あります。

数学や科学の問題を私自身に問うてくる方の中には昔は実際に工学系でかなりハイレベルの大学を卒業された方なども居るのですが、現時点では残念ながらその精密な頭脳の輝きは見られなくなっていますが、その片鱗というか過去の栄光が垣間見られるようなキラキラ光る欠片を見せてもらえることもあります。

ただし、文章を私の方に渡してくださる方の中身に関しては「ヤッパリわからん」というレベルのものから、「完全にあかん」というものまで幅があるのですが、基本的には良くわからないというのが統合失調の方の手紙でしょうか。
とは言っても人間の能力というのは実に幅が広く出来ているもんで、ボードゲーム(将棋や碁)をさせると並み居るドクターが全く刃が立たなかったり、過去の記憶を異常なレベルで引き出せたり、本当に多彩です。

そういうのを見ていると、人間の能力って正常と異常の幅や質というのが実に多彩すぎて、その”能力”という言葉に対応する評価は「実に複雑」だなと思いました。

こう言った個人的に渡された手紙というのは実は患者さんの主治医のカルテに戻すことになっていて、いわゆる”病状”の変化を見るための資料として供されるとのことなのですが、精神科のドクター自身にとっても、そういう文章を見たとき、単純にそのオカシサを見るだけでなく、いろいろと考えさせられることが結構たくさん有るんじゃないかなと推測してしまう私でした。

2018年1月7日日曜日

次女がアメリカに帰っていきました

今回の帰国は朝の便でしたので、朝五時に起きて準備開始。

次女と嫁さんは実質的に徹夜だったようです。長男もそれに合わせるかのように興奮した感じのリズムで私達が起きる直前に寝たようで、30分も寝ないうちに起こした感じでほぼ徹夜。申し訳ないことをしてしまいました。

さて、今回娘が選んだ航空会社は中国のメインランドの航空会社であるエアチャイナでした。エア・チャイナというのは中国国際航空公司というのが漢字名で、最初はエ・アチャイナで調べたら台湾の方の航空会社が出てきましたので最初だけは混乱しましたが・・・。

取り敢えず、一番安いというよりも今回の娘の直前帰国フライトでシートが空いていたのはこの会社だけだったというのが理由でした。
本当にいつもぎりぎりでの行動が多く、このようなことになったのですが、それはそれでまあ私の娘らしいです。w

サヨナラのハグをして検査場の向こうへ消えていく娘に最後の瞬間まで手を振り本当のさようなら。その後も航空会社のHPで飛行機のフライトステータスをチェックしていくと、北京到着。時間とともに北京を出ました、ワシントンDC到着と次々出てきましたので、取り敢えずは問題ないかなって感じです。

実際にLINEで嫁さんに無事付いたとの返事もありましたので何はともあれメデタシメデタシでした。

それにしてもまた4月に戻ってくるとか・・・。orz
なんか知らんですけど日本とその家が好きそうです。親としてはあっちに残ってバイトしながらプロジェクトにでも参加してほしいんですけどね。長女とはまだまだ違う生き物のようです。

2018年1月6日土曜日

明日アメリカに戻る次女とともに

いよいよ明日は次女の帰国。

予想された通りですが、案の定このズボラ生物は帰国の荷物詰めさえ未だやっておりません。orz
という訳で、横で小言を言いながら嫁さんが「あんたこれどうすんの〜?」とか「ちょっとちょっと、これは?」等と言いつつテキパキと荷物を取捨選択しておりました。

嫁さん曰く「あんたそっくり」なんだそうですが・・・。

取り敢えず午前中はゆったりとしつつも、帰国前の最後の犬との散歩をする為に再びモリコロパークへ行きたい!とのリクエストをされましたので、その願いを叶えるためにモリコロへ・・・。私は仕事が終わった後、病院から直行で彼らをピックアップ。
モリコロに着くと直ぐにハーハーと興奮している犬を車から出しました。中でガンガン散歩を始めると犬は大変嬉しそうに駆け回り、娘も楽しそう。いつもの様に中にあるモスバーガーへ行って家族全員でハンバーガーを頬張りながら四方山話。

今回はクレーンゲームに引っかからぬようにそそくさと公園を後にして家へ直帰致しました。

次女にその後の予定を聞くと、明日に備えて今日はどこにも行かずに家でおとなしくダラダラすると言うことでしたので、そのまま触らぬ次女に何とか無しということで放置。長男も次女も家に帰ったら何故かスッと寝てしまいましたので、我々も家でゆったりと過ごしました。

何とも出費の多かった二週間ちょっとでしたが、次女は実家の空気を吸った上に、日本で思い切り怠けた休日を過ごせたようで、楽しそうにこの二週間の出来事を嫁さんに語っていました。
何と言っても日本の年末年始というものを全く知らないままにここまで大きくなってしまった次女ですから、その点は親としては少し申し訳ないな〜と言う気持ちもないではありませんでしたので、やっとこれで”帳面を消した”と言う感じでしょうか。

日本も後十数時間。安全に旅をして欲しいものです。