2018年2月19日月曜日

金だけ貰っても人は改善しない

JAもそうですが、どんな人でも組織でも、金だけ与えられていると駄目になってしまうのは万国共通なんですね。

例えば、私が小さい頃からある”減反政策”には昔は農家がこぞって反対していました。しかし、長年にわたって政府の補助金というドーピングにドップリと漬け込まれ、それで飯を食ってきた農家の殆どは今頃になって減反政策廃止に対する反対運動を繰り広げる始末。

破綻した自治体、もしくは破綻直前の自治体でも同じ状況で馬鹿な爺さんたちがハコモノを作り続けては維持さえ出来ずにぶっ壊れていくというお馴染みのパターン。使い慣れない金が天から降ってきて、それを自分の土建屋や一部有権者の為に浪費してはあぶく銭に塗れて終わりというのはどこでも見られる光景です。

同じ話は場所を変え、状況を変えどこにでもありますが医療の世界でも同じです。
高齢独居の患者さんの多くは、真面目に暮らしてきていよいよ体も心も日常生活の中で自立出来なくなってしまい、公的扶助の力で行きていくしかない人達です。実際に医療費を毎月30万以上払うとか普通の高齢者には無理です、絶対無理。

しかし、中にはそうでない”非”高齢の人もいるんです。50歳前後でもそんな人たち結構います。いわゆる福祉におんぶに抱っこの人達。本人達に話を聞くと「働きたくない」と何の衒いもなく言います。要するに普通で言うところの”ダメ人間”なんですよね。w

この手の人達を見るにつけ思うのは、小さい頃の教育の大切さというものをつくづく考えさせられますね。日常生活の様々なレベルで、外の世界と折り合いがつけられない人達。極端に引っ込み思案だったり、やたらと空威張りしたり、すぐに怒鳴り散らしたり。
全く社会の仕組みがわからず小さな頃から両親無しで、玄関も風呂もないような家で激烈に変人のお婆さんに育てられるというような不思議な環境で育っていたりとか・・・。変わった育成環境にある人達が多いですね。

そもそもまともに学校に行っていない人もおりまして、自分の育った環境を背景にして人を比較するのは非常に難しいことだなと”自然に”考えるのが、こう言った強烈なバックグラウンドを持つ人達と対峙したときの自然な成り行きとなります。

まあ、自分の育った環境を離れて人のいろいろな背景を推測するのは困難を伴う作業なんですけど、これをやらざるを得ないのが私の日常です。でも、”具体例”と言う意味では本当にいろいろな人生の豊富な(変わった)具体例がありますので、バーチャルなレベルで人生経験を豊かにしてくれる職場でもあります。w

人はお金だけを与えても依存心がまず前に出るのが標準的。それを非難しても仕方ありません。どうすれば前向きな生き方をしてもらえるようになるのか、殆どの人は大人になって対策練ろうとも本当のところは既に遅いというのが現実なのかもしれません。こんなこと書くと夢も何もないんですけどね・・・。

2018年2月18日日曜日

妊活十年!おめでとう!

やったぜ!というのはまさにこの事。アメリカ時代の日本人同僚の奥さんが男の子を産みました。

そろそろ現地でも同僚や友人達に話が行き渡った頃だと思いますので、万一伝わってももう大丈夫でしょう。
ほんの数週間前までは臨月!慎重に慎重を期していたリッチモンド時代の医師仲間の奥さんが遂に大丈夫そうだと言う話を聞いては居たものの、話すのは親以外ではまずほぼ最初だったというのが私だったため、大変驚き狂喜乱舞したのは良かったのですが、大っぴらには出来ない事情も彼にはありました。

アメリカなどではライスシャワーでその妊娠を祝ったりしますが、日本では産まれるまではじっと待って慎重に慎重を期してからその瞬間にどっとお祝いと言うのが多いですよね。
しかも、彼らはアメリカ滞在時から頑張ってきた妊活がなかなかアメリカでは成功せず、結局日本に帰って数年経ってからこうやって妊娠出産に至ったのでした。都合十年ほどの苦労大き妊活でした。

彼らが長い長い間妊娠という一大事業に本当に苦労していたのを知っておりましたので、私自身もその臨月情報をもらったときには嫁さんと二人でお祭り状態。電話をしてきてくれた同僚そっちのけで「やったやった〜!ばんざーい!」となってしまいました。

この二人、本当に本当に人間として素晴らしい人達だったので、是非ともその素晴らしい人間性や頭脳を持ったミニコピーをこの世の為に産み落としてほしいと願っていたのは私自身だったので、今回の一報を聞いたときにはバンザイ十唱をあげてしまいました。

臨月の報せを聞いたときからジッと待つこと数週間。3000グラム台の元気な男の子が生まれ、母子共に健康というはなしを確認したところで、三越に行ってベビー服売り場をグルグルとまわって嫁さんと意見が一致したかわいい上下のセットを靴下を添えて送りました。

三人の親としての経験上、一年後の冬の服を送るのが一番役に立つだろうと思って、その時期をターゲットにした90センチの男の子の服のセットを送らせていただきました。

いや〜、自分の愛する人物達に本当に嬉しいことがあると自分の事以上に嬉しくなるもんなんですね!
(嫁さんには「孫が産まれたらどうなることやら先が見えるようで・・・思いやられるわ」と、言われてしまいましたが。w)

またリッチモンドの軍団で温泉旅館辺りに再度集結してお祝いをせねばなりますまい。うん。

2018年2月17日土曜日

ハニュウとハブと藤井くん

次元が違う、桁が違うというのはこういうことなんだろうなと思いました。

日本では王子様と言われていますが、アメリカではKINGと呼ばれている羽生くん。
今回の金メダルは病院の食堂のテレビで見ていましたが、もうなんちゅうかね、最初から負けるわけがないというオーラがある上に、素人の私が見ても高度なスケート技術だけではないその上に存在する素晴らしいダンスの表現力が体中から吹き出している感じで、素直に感動してしまいました。

絶対王者っていうのはこういう人のことを言うんでしょうね。他の人が全く近づけない一つ上の段上で王子様が朗々とアリアを歌っているような素晴らしい景色でした。

中国の司会者も漢詩を彼に送って番組中で褒め称えるし、韓国のアナウンサーも感動を表現する始末。普通、彼の国々はある種独特の表現で悔しさ混じりか政治的な背景からか、日本の選手を揶揄することもありますが、そう言った軛から解き放たれた”感動の素直な表現”が彼らから次々に出てきたのはなかなかに感動的でした。

そして同じ日に同じ漢字で羽生と書く羽生7冠と中学生の超新星である藤井五段の対戦も行われました、結局藤井五段が二ヶ月を経ずして最終的に六段になってしまうという快挙を達成しましたが、オリンピックでも本当に自分子供達と同年齢位の男の子・女の子(私にとってはそうとしか言えない!)が有り得ないような素晴らしいボディーコントロールを見せて次々とメダルを獲得しているのを見ると、時代が次の世代に任される準備がこうやって出来ていくんだな〜という想いが頭の中を巡っていきます。

”後生畏るべし”とは言いますが、オッサンも負けない様に日々研鑽しなければならぬとの思いを新たにした一日となりました。

2018年2月16日金曜日

C型肝炎ウイルス陽性者の治療

入院している若いC型肝炎ウイルスの患者さんの内服薬による治療が始まりました。

インターフェロンとリバビリンの組み合わせであれば、我々内科医でも投与できるのですが、数種類から選ばれるこの新型の経口薬群は本当に患者さんにとっては夢のような、奇跡のような薬で二ヶ月もしくは三ヶ月の経口薬投与が行われるだけでほぼ100%の数値でセロ・コンバージョン(血液中にC型肝炎ウイルスが検知されない状況になる状態)が起こります。

朝、昼、夕と一日3粒の薬を飲むだけでたった二ヶ月で終了します。

ただし、これには国家や自治体にとって大きな経済的な負担が伴います。保険の種類によってどこがそれを負担するのかは変わってくるのですが、一粒の薬価が24,000円!それが一日に3粒ですから72,000円です。
一週間で50万4000円。一月で201万6000円。それが二月で403万2000円。orz

さて、この金額、ハッキリ言って非常に大きいですよね。誰が見ても。しかし、肝炎や肝癌になる可能性を劇的に下げてくれることを考えると、実は将来的に国家や自治体が負担する事になる多額の負担金を減らすことになるという計算もあります。

ですから、国にとってこの肝炎ウイルス退治をしてくれる薬の値段が安くなってくれればそれに勝ることはないわけでして、最近話題の幾つかの高価な抗がん剤等の薬価の強制削減なども起きましたが、今後も間違いなくこう言った高額な薬価の削減が”繰り返し、繰り返し”起こることでしょう。

恐ろしいほどの開発費がかかるこれらの薬達ですので、製薬会社もこれに対して「開発費の回収と利益獲得」が出来ないと言って大きな問題になっています。とはいえ、会社はたとえ自転車操業であっても、次のヒットを探し続けなければならないんですけどね。

これから一体この手の高額薬の運命はどうなっていくんでしょうか。

2018年2月15日木曜日

実はバタバタ潰れている・・・

地域連携医療、在宅医療・・・名前はいろいろと付けられていますが、実は組織としてはバタバタ潰れているんです。

ファンドを使ってその陣容を拡大していく法人格を持ったところはどこにでも沢山あるんですが、実はこのファンドを使うお手軽拡張が曲者でして、、、使った金のうち6%を返還していくというような隠し玉が仕込まれております。w
医療機関としてこれに対応できないのが実は”普通”のことなんですよね。

こんなファンドを使った挙句に起きる次のインシデントは当然”破産”です。

こうやって今、日本のあちこちで医療機関が潰れては債権のカタとして吸い取られているのです。それはもうバタバタと言ってい良いレベル。国が進める(勧める)在宅医療に乗っかって一儲け、とはいかないまでも何とか波に乗って行こうと思っていた人達は結構痛い目にあっているのです。

こうやって乗っ取られた病院は”表面上は”何事もなかったように経営が続けられていることが多いのです。無論、そんなことを周りに感づかれては病院の評判に傷がつきますので、ファンド側もそこはしっかり隠します。人も入れ替わることなく、経営母体のみが”ひっそりと”実権を握るわけです。

今後は皆さんの周りでも実はそんなことがやってくることでしょう。

かくいう私の住むエリアの近傍にある”或る有名病院”も、実は既にあるファンドの軍門に下っているのですが、これを知っているのはある種の医療法人の集会に出席している人達のみ。勿論、自分達の業界の危うさを外に喧伝する必要もありませんので、拡がることはないのですが。

医療業界はいろいろなところでひっそり、しかし確実にその姿を変えていっています。

2018年2月14日水曜日

バレンタインデー

日本に帰って四回目のバレンタインデーでした。

各病棟や知り合いの方々から三々五々頂く感じでした。
六花亭、ゴンチャロフ、モロゾフ・・・後は名も無き会社のスイーツ等々ですが、基本は義理チョコですのでハッキリ言うとあんまり嬉しくないんですけどね〜。理由は簡単で、貰えばもらうほど”お返し”のことを気がけないといけないからです。

しかも、結局はこのチョコレートの一群は息子と嫁さんの胃袋に入って代謝されるわけですので、私には特に何のメリットも無いといいますか、ホワイトデーのお返しの事を考えると逆に”うーむ”という感じです。しかし、こういう点における無精さがいつも嫁さんからたしなめられる対象なんですよね、いつも。

いつも看護師さん達の数を考えてお返しをすると”常に”箱がデカくなりますので、持っていくだけでも大変なんです。しかも、その数が増えるとそれを運ぶだけでゲンナリするような事態に。

ドクターの中にはそういったこともあるからでしょうか端からお返し自体をガン無視している方々が大勢居ます。w
私もそうしたいのですが、そういった点に関しては極々小心者でして、義理には義理+αくらいでお返ししてしまいます。まあ、年に一度の諦め行事という感じで”こなして”おりますが、どうにかならんもんですかね?

どっかのチョコの会社が「義理チョコ止めませんか?」とかなんとかいうキャンペーンを行なったというのをチラッと見た気がするんですが(調べてみたらゴディバですね)、私も大賛成です。

昔、小学生や中学生の頃は2月14日は何かクラスがソワソワして、男女が教室の中で別れていた感じがしたんですが、他の人達もおんなじ感じだったんでしょうかね?

2018年2月13日火曜日

インフルエンザ後日譚

先日ここに書いたお話「あんたアホか?」にその後の話ができました。

実は、先日の阿呆なオッサン自身のインフルエンザ発症者訪問で本人が熱を出してインフルエンザがポジティブになった話は上に書きました。
ところが、その翌日、今度はそのオッサンが居た四人部屋の足下側に居たお爺さんが熱発。チェックをしたところその翌日にはインフルエンザA型との判定結果。orz

その後、、、私が大阪に法事で行っている間に当直の副委員長先生が対応してくれたから良かったのですが、なんとトータル6人まで増えてしまいました!(その翌日プラス1のトータル7人で収束してくれたようですが・・・。)平均年齢が比較的若い人達の病棟でしたので、まだ感染しても死者が出るような状態までにはならず何とか収まってくれていますが、本当に”たった一人”指示に従わなかったオッサンが居ただけでこんなに大変な事になってしまいました。

3日経って、最初のオジサンの治り際に訪れてA型を拡げてくれたオジサンに再度今回の件に関してどう思うか聞いたところ「どうも俺が拡めたみたいになってるようだけど、俺だけじゃないと思うんよね。」とな。

反省や謝罪の能力は全く無さそうで何よりでした。ヽ(`Д´)ノ

いま、その患者さんには退院していただけるよう淡々と事務手続きを進めております。

2018年2月12日月曜日

キレイな顔・魅力的な顔

テレビに天海祐希が出ていました。

もともと妹の影響で宝塚が好きになったうちの嫁さんですが、1990年前後の宝塚歌劇に結構親子で夢中になっていました。そういえば、この前なくなった100歳ばあちゃんも当時の”薬専”を学生時代にズル休みして宝塚を見に行っていたといいます。w

というわけでその天海祐希が出てきたときに、嫁さんが私に一言「お父さん天海祐希どう思う?」と訊いてきましたので、正直に「な~んとも思わん。キレイな人やけどな〜。」と言ったところ、嘘か真か真偽の程は知りませんが、嫁さんが言うには「男の人にはあんまり人気がないんよね・・・。」との事。

そういった発言があったので、それに被せるように私のほうでコメントを追加。「キレイなんだけど、俺にとってはステルス性が高いというか・・・なんかレーダー・スコープの中に全く引っかかってこんのよね。w」と言いました。ついでに「俺が好きなのは、美人かどうかは別としてどっか”特徴のある顔”で、どこか一点でも目を引くパーツがあると、それに魅入られてしまう。」と説明すると「ふ~~~ん」といって話はそこで終わりました。

綺麗だけど、全く”自分にとっては”ピンとこない顔というのはあるものですが、これは本当に不思議ですよね。女性である嫁さんが言う”綺麗”というのと、男である私が”綺麗”というのは全く異なりますし、”心を惹かれる”という話になると、私の場合はおめめパッチリ系の人は完全に枠の外に飛んでいってしまいます。w

確かに誰が見ても可愛いと言われるんだろうな〜と言うような顔は私にもすぐ分かるんですが、心に”全く”響かないんですよね。これは心の問題ですので、生まれつきか育ちか、それとも両方かはわかりませんが私の中のプログラムがそうなっているからどうしようもないんですけどね。

私にとっての魅力的な顔、スタンダードな美醜を超えた何かが有るんだと思います。

2018年2月11日日曜日

大阪で法事・・・クソ坊主w

今日は大阪のおばさんの一周忌に行ってまいりました。

義理の親父さんの妹さんが亡くなってはや一年。大変気っ風の良い明るいおばさんでしたが、肺癌でアッと言う間になくなってしまいました。咳が止まらないのをそのままにしていたら見つかったときには既に単純胸部写真でもすぐ判るくらいに大きくなっていた腺癌だったそうです。

息子さん方お二人は大阪府立と京大の医学部を出てそれぞれ専門医になっておりますし、娘さんは既に三人の大きなお子さんもいるくらいで何の心配もない状態ですから、そういう意味では旅立っていく時にも大きな後顧の憂いは無いかとは推測されたのですが、それでもね・・・今時70代での死はやはり早死です。

九州、名古屋、広島と各地から集まった親戚のみの小さな集まりでしたが、初めて見る顔もあり大変楽しく賑やかな会となりました。

坊さんが到着して読経が始まります。いつもの如くなんやら訳の判らん文言を呟き続けていくのですが、その読経もチーンと鐘を叩いたところで終わりかと思いましたら、それを繰り返す繰り返す。ナンチャラカンチャラ、俗名云々、戒名云々ナンチャラカンチャラだけでも少なくとも三回は繰り返されたのは間違いなく、その他にもなんかよう判らんナンマイダブが延々と続いて45分という長さに及びました。

もう足も痺れて限界と言う感じで、亡くなったオバサンの供養どころではありません。w
周りの親戚達も同じように耐えていたのでしょうが、我慢できなくなった順に足を崩し始める始末で、ほとんど気分はマラソン大会。兎に角ここは精神力で頑張って何とか乗り切った暁には、新しい何かが地平線の向こうにでも見えてくるのではないかという気持で乗り切るしかないと覚悟を決めて前を見つめていましたが、既に脚には感覚など無く・・・。

仏壇でにこやかに笑っているおばちゃんの顔が何となく「どや、痺れてきたろ〜、イヒヒ。ヽ(´▽`)/」と笑っているのではないかと感じるように見えてきて、思わずこちらも苦笑です。

最後はこのクソ坊主はよ終わらんと頭ペチッと叩くど〜!と言うところまで来そうになりましたが、そこで45分。正座を緩めたときには下肢に電気がビリビリと走って久しぶりに呻きそうになりました。

この後はお墓参りに行かせてもらい、最後は全員でホテルに集まって親族全員で懐石を突付きながらオバサンの思い出話などをしながらワイガヤで二時間弱で散会となりました。やっぱりオバサンが親戚の繋がりをもう一度強めてくれた感じで大変良い集いでしたね。

皆さんにサヨナラをした後は、長崎からやってきた義理の母を連れて嫁と長男とともに四人で京都へ。嫁さんと義母の再会は7ヶ月振りでしたから、後部座席で話に花が咲いておりました。

京都では京都駅の伊勢丹に行って、滋賀出身で京都で働いている親戚の女の子と落ち合い蕎麦でまず夕食を取り、河岸を変えて甘味どころでぜんざいや抹茶パフェを頬張ってガッツリ腹一杯になりました。女の子には我々から久しぶりの再会ということでお小遣いをあげたあと地下街で別れました。6時過ぎには京都を発ち淡々と新名神高速で何事もなく名古屋へ到着しました。

それにしても大阪って名古屋からは直ぐそこだな〜って改めて思った一日でした。

2018年2月10日土曜日

財布の寿命

嫁さんが財布を買い替えました。

NYの五番街で無理して買ったPRADAの財布でしたが、既に購入して15年程使ったもの。
一般的に物持ちのいい嫁さんだとは思いますが、流石にそれだけの時間が経つと財布にも”疲れ”が出て来るのは当然で、私自身も「もういい加減変えれば〜?」とは言っていたのですが、あちこち探し回っては結局”コレ!”と言えるものがなくて今までズルズルと来ていました。

今回、私と外出して髙島屋に行った時にPaul Smithにふと立ち寄った時になかなか良いデザインの財布があった為、何度も何度もガラスケースの中の色々なテイストの財布を眺めては「あれはここが良いけど、これはこっちが良いし甲乙つけ難いな~」という感じの発言を何度もしては悩みまくっておりました。

私は最初からコードバンのカチッとした財布を薦めていたのですが、やはり男性と女性では”良い”と思うポイントが違うようで、(というより個人の好みの差でしょうかね)私の推薦した財布は結局のところ落選し、エッジに各種の色が差してある長財布を手にとって最終的な決断をしました。

店の若い男性の我慢強さに驚くとともに、ただただ感謝というしかありませんでした。若いのにしっかり教育されている男性店員さんならではのスマイルで気持ちよくお客さんにお金を使わせているのでしょう。(とは言え、今回は商品券があったために気兼ね無く買えたというのが本当のところなのですが。w)

一方、私の財布の寿命はというと、既に尽きているのかもしれません。
内科外来の看護師さんに「先生この財布ナニ?コレは無いわ〜」等と言い切られてしまったんですけど、私自身はこのFOSSILの革財布気に入ってるんですが・・・。
彼女たちが言うには「お金あるんだからもう少しいい財布持たんとね〜」と言うのがその主張の根本らしいです。だったら今のままで良いですね。相変わらず財布の中に入れるお金無いんで。w