2017年11月18日土曜日

やっぱり良く効くアメリカの市販薬

アメリカから結構いろいろな薬を持って帰っています。

ロックビルやリッチモンドに住んでいた頃は、例え風邪をひいても熱発や咳程度では普通まず医者にはかかりませんでした。医療保険はNIHや大学の支えてくれる大変良い保険に入っていたのですが、それでも当時の収入レベルからすると、数回行くと結構な額の出費になってしまいますので、”本当に”必要なときだけ私の判断で家族を病院に連れて行っていました。

実際のところ、アメリカでは多くの人が病気になってもドラッグ・ストアやグロサリ・ストアに行って”自分の症状”にあった薬を勝手に飲んで治そうとします。それは内科系の疾患に限らず怪我においても同じです。

ところがですね、多くの風邪は自然放置でも期間は少し長くなれどもやっぱり治るのです。そこをどうやってアシストするかが処方薬の力なのですがアメリカの市販薬はとりあえずsymptom別にきちんとターゲットを絞って、かつその有効成分のドーズが半端ではなく多いのです。

もう、普通の日本の内科薬処方量からしたら”マジすか?”と言うほどの濃さを持ったものが多くて笑ってしまいます。w
特に鎮痛解熱薬として売っているアセトアミノフェンであるタイレノルなどはextra strength等となると日本の平均的使用量の2.5倍のものも売っております。

アメリカの娘達は日本で私が通常量の薬を出してあげても「効かな〜い!」と言っては拒否反応を示します。生理痛などの問は特にそうで、日本を訪れている時は当然のようにアメリカの薬を日本まで持ってきています。
恐ろしいのはアメリカの薬の説明書きに「この薬を使って一週間経っても症状が軽快しないときには病院へ言って下さい」なんていう感じの文章があるのです。

それだけ使っても収まらない症状の源って・・・そりゃ病院行かんとマズイですわな。orz
幸いにも私の今回の風邪、あっという間に症状の全てが抑え込まれてしまいました。内科医の好きな市販薬、なんか変ですかね。w

2017年11月17日金曜日

ボトル・キープ

昨夜一緒に飲んだ先生と行った焼き鳥屋では日本酒をキープしました。

(外で飲むという行為自体が少ないため)基本的にボトルをキープすると言う行為はほとんどしない私ですが、今回は違います。この店であれば何度でも間違いなく行きますので、これで問題なし。

ところで私の場合はこのボトルキープにはちょっとした過去の笑い話があります。
以前、千種(ちくさ)駅の傍に隠れたように建っている小さな小さなバーが有るんですが、そこの鹿児島出身のオバサンがこれまた呑助(のみすけ)でして、いつ行っても酔っ払ってるんですね。お互いに話をしていても”呂律”も回らないし、カウンターの向こうに居るお客さんと話をしていてもどれほど話の筋を理解しているのか怪しいのが常です。w

このオバサンの小さな店は実際はバーと言うほどおしゃれなもんでは無くて、簡単な手料理プラス近所のおっさんのちょい飲み酒場位のものなんですが、ここはオバサンの出身地である鹿児島の焼酎が沢山置いてあり、そこには名前が書き込まれた沢山のボトルがキープされていました。

ところがこのオバサン、私が一ヶ月前にキープしたボトルを飲み干しちゃってるんですね〜。「あら〜、XXさん、ボトルが見つからないわ〜」と、酔っ払って言う始末。他のお客さん達がそれを見咎めて「ママ、そんなことしたらあかんわ!」と言うんですが、私は事の成り行きを見て内心”ゲラゲラ”笑っている感じ。もっとも余り顔には出さずにニヤリとした位でしたが。

オバサンに「困ったなあ。まあ良いわ。次のボトル入れて下さい。」と言って事は一件落着。私にとっては、面白い店に行かなくなるようになるよりも、少しくらいのお金を使おうと面白いオバサンを観察する機会を持つほうが、私の人生にとってよっぽど金の使い勝手としては意味があるわけです。一種の"珍獣"観察のようなものでしょうか?

世の中レールを外れてる人のほうが(沢山の困った人達も含めて)かなり面白いのは、今まで生きてきた中の経験でとっくに周知の事実になっておりますが、隣人としてはなかなか一緒に暮らすのは大変なんですよね。w

それでも世の中に必要なのは四角四面の銀行員・公務員だけでないことも確かですな。(私生活は意外と別人でしょうが。)
変なのも普通なのも、馬鹿も天才も、ちびものっぽも、男も女も、いろいろ居るから世の中は愉しいのです。

2017年11月16日木曜日

アメリカの頃の研究仲間と地元で一杯

今日はリッチモンドでリサーチをしていた頃、一緒に働いた仲間と藤が丘で美味しくいろいろ飲食しました。

もともと優秀な外科の先生で、実験をすると丁寧で”手がきれい”な人物でした。いわゆる「再現性の有る」美しい実験をする人物で、私の心の中に以前からある「外科系の先生は手がきれい」という根拠なき確信をエンハンスしてくれた人物の一人でした。

神戸で行われたある学会から関東の有る都市へ戻る途中で名古屋の私の家へと寄ってくれたのでした。東山線をターミナルの藤が丘で降りてきた先生には一年半振りに再会したのですが、本当に昨日別れたくらいの感じ。海外で苦しかった頃に苦楽を共にした仲間というのはどんなときにも信頼できます。

一旦近くにある私の家へ来て頂き、着替えてもらった後は一緒に歩いて藤が丘のガード下にあるいつもの寿司屋へ行きました。
家族の近況を聞きながら、大学を辞めた後のいろいろな状況を聞きながら盃を傾け寿司を食べました。かなりの速度で二人で出されたものを平らげた後、次の焼き鳥屋に入りましたが、そこでも話は止まらず楽しく趣味の話。特に今後やろうかと思っているバイク・ライドの話は大いに盛り上がり、微細を穿った様々な話に更に盛り上がりました。

打ち上げたあとはまた家に戻って嫁さんの簡単な酒盛り用手料理を食べながら眠くなるまでお話をしてお開き。
風邪でヨロヨロになりながらもこう言った尊敬できる友人と楽しい時間を過ごす素晴らしさは男性でも女性でも全く変わりませんね〜。

今度は彼のホームタウンに行ってカーボンで出来たバイクに跨って海岸線を走りたいものです!

2017年11月15日水曜日

風邪ひいたか?

連日のお仕事プラス夜の映画鑑賞による軽度の疲労の蓄積でしょうか?
ちょこっと鼻水が出ております。

とにかく心の中に油断という隙間ができるとそこに風邪が入り込んで来るというのが私の個人的持論。家族の中を見回しても自分の場合でも、なにかが一旦終了してホッとしたりした時がもっとも風邪に罹りやすいんじゃないかと感じています。

とは言え、今年は寒くなるのが急だったせいか多くの人達が病棟でも風邪を引いている状況で、インフルエンザになる前にまずは皆が風邪にかかってしまうんじゃないの?と言うような状況です。

訪問診療で訪れた家庭でも結構多くの家々でコホコホされていたので、もしかしたらそういう診療時にアクシデントが発生したのかもしれませんね。でもそれを患者さんや患者さんお家族のせいにするのは医者としては大間違いで、例えマスクをしていても、気合が抜けているようであればこんな事になってしまうのです。

要するに私が悪い。体調管理が出来ないようでは医者としてはね・・・。熱が出ないことを祈るばかりです。
これが大事なオペ前の外科医だったらなどと置き換えるとダメさがわかると思います。

人に言う前にお前は自分の体調管理を何とかせい!と言うことですね。w

2017年11月14日火曜日

なんで君達の電話はよく壊れるんだ?

ピッツバーグの次女からメッセージ。

電話の画面がタップに反応しなくて使いものにならないというメッセージ。
最初のうちは嫁さんのスマホの方に彼女のnote bookからメッセージが入ってきていたようですが、「お父さんに聞いてみたら?」という言葉の後くらいから私の方に直接メッセージが入るようになってきました。

文面に曰く「パパ、スマホがワークしない。タップしても全然駄目。このメッセージは自分のコンピュータから打ってる。云々。」要するに買っていいかと聞いとるわけですな。w
私が常にsugar daddyになっている状況なので、ここは一つ厳しく「自分でバイトして何とかせい!」と一喝してやりたいところですが、友人とのやり取りのみならず大学でのありとあらゆる情報のやり取りや登録などはほぼスマホで行われる時代です。

やはりそういうことまで考えると送金では授業料以外ほぼ何も送っていない彼女に対しては「これくらいは良いかな」っていう甘い考えが浮かんでは消え〜を繰り返してしまいました。(^o^)
まあ、このあたりが嫁さんから「あんたは最後は結局ゲ・キ・ア・マ」等と揶揄される理由になっておるわけですが・・・。

それにしても長女も次女もよく電話が壊れるのです。殆どの場合は落下によるひび割れとかみたいなんですね。割れていようとそのひび割れ画面で極限まで粘っているのはよく知っているんですけれど、そもそもそんなんだったら落とすことを見越して”少々無骨でも頑丈”なケースを買えよ!っていうのが私のsuggestionなんですけど見栄え重視の若年者諸君はなかなか親父の云うことを聞きません。

iPhone6s PLUSからiPhone7 PLUSへと移行したいらしいんですけれど、最後は娘の喜ぶ反応が見たくてgo signを出してしまった馬鹿な親父でした。あああ〜馬鹿馬鹿。orz

2017年11月13日月曜日

教え子の高密度人生

他人の人生を生きるということは出来ませんが、聞くことは出来ます。

昨日私が聞いた他人の人生は私の昔の教え子のものでした。
彼はライブドア・ショックが起きた時にまさにライブドアの傘下の会社で働いていましたが、その後も転職を繰り返しながらその度に成長していくという、変身する蝶々のような、いや、しぶとさという意味では脱皮を永遠に繰り返す蛇のような成長ぶり、久しぶりに会って彼から聞く彼の経験した人生はとてもとても40年ちょっとで経験できるようなものとは思えませんでした。

話の密度の濃さと言ったら思わずずっと身を乗り出し続けてしまうほどのもの。すでに3つの会社を経営し上場を目指して走り続ける男。
僅かな期間の人生なのにそれぞれ数年ごとに結構分厚い各章の経済小説が間違いなく書け、気付いたら上下二巻の単行本が書けるほどの内容でしたよ、冗談抜きで。

以前ここにも書いたことですが、私がいろいろな背景の人生経験を持った患者さんからいろいろな話を聞くのが好きだというのは今回の彼の人生に関する話の場合も同様で、しかも今まで聞いてきたどんな話よりもエキサイティング。二時間半の間ほぼずーっと聞き役に徹して一緒に栄の街で飲んでいました。

更に河岸を変えてコーヒーを頂きながらの一時間の話でも思わず「え~~~~~~っ」と何度も声を出してしまうようなコンテンツが繰り返し出てくる始末。表には出てこない世の中の複雑な成り立ちをいろいろと想像せざるを得ませんでした。

驚くべき表と裏の世界はときに交錯し、時には全く表には出てくる事無くあたかも”表面的には”合法的に構成されていく世の中の流れというのは、法に守られた医師として、当然のように合法の”枠”の中だけで生きてきた私のような人間にはひたすら「驚き」の話でした。

人生いろいろとはどこかの元総理が言った名言ですが、レールを走らない人生というのは自分でタイヤに空気を入れて自分で”自由に”走ることが出来ますが、いつどこで釘を踏むかいつどこで穴ぼこや谷に落ちるか、そしていつエンジンが止まるのか・・・Risk Takerのみが選べる人生というのはチャンスとリスクを自分の背中に背負って走り回れる男でなければなりませんね。

教え子とは言えそれは勉強のみ。その先の世界は私のほうが学ぶことが多そうでした。

2017年11月12日日曜日

こんな日も有るんかい・・・orz

ほぼ一睡もできない一晩でした。

基本的には静かな夜を過ごすことが多い”ハズ”の当直の”ハズ”なんですが、今日の当直はちょっと尋常な忙しさではありませんでした。

一晩中ずっとどこかの病棟に呼ばれ続けて、殆んど一睡もできない状態で次の朝を迎え、朝は朝でまた急変の患者が出てCTでチェックを入れたところ急性肺炎からARDSを発生した患者さんで、当病院に有る人工呼吸器は全て埋まっており使えない状態、かつ内科病棟も全部エマージェンシーの患者さんで埋まっている状態でしたので、どうしようもなくなって、近くの大学病院の呼吸器の内科の先生に直接お願いしてER経由で患者さんを受け容れていただくことになりました。

他のドクターと看護師さんに救急車に同乗して頂き緊急搬送。どうにか事なきを得ましたが、一晩で三回も気管挿管をしなければならないところでした。

なんとかかんとかやりくりしたのは良いのですが、そのまま日常勤務に入らなければならないところが辛いところ。
精神科の先生の方は当直が終われば通常そのまま少なくともお昼前には家に帰っていきますが、患者さんは多いのに石の数は少ない内科はそんなことも言っておられません。何かと辛いものです。

やっぱり日本の医療というのは基本的に医師の犠牲の上に成り立っているんだなというのを日本に帰ってきてから痛感しました。アメリカの医者はこんなこと無いですもん。

勿論、ごく一部の猛烈に働く(働かされる)人達はおりますが、そういった人達は少なくともhalf millionとかone millionとか貰ってますもんね。その上でさっさとearly retirementなんていう道を選択して命を削って働き続ける前半戦の後はゆっくりと・・・と言う感じでしょうか。

ところが日本の医者は、ほぼ一生何らかの形で仕事を続けないと食ってはいけませんね。w
実際寿命も短めなんですが。皆様の想像とはかなり異なる医師の日常です。

2017年11月11日土曜日

ポッキーの日・J Soul Brothers

家族でナゴヤドーム脇の大曽根のイオンモールに行ったのですが、何だかやけに駐車場が混んでおりました・・・。

何だと思って近づいてみてもイオンモール自体の駐車場が混んでいるわけではありません。もしかしてナゴヤドームでイベント?と思いながらも、比較的空いている屋外の駐車スペースに車を停めてモールに入ると中の方は大混雑でした。

女性用のトイレに至っては全ての女性用トイレの前に長蛇の列が出来ておりますが、何らかのイベントがナゴヤドームで行われることに間違いはありません。以前にもこんな事を経験していたのですが、今回はやたらと女性が多いことから男性のアイドルグループやスター何かが来ているのだろうと思って中を暫く歩いていると、ポッキーの巨大ビニール・バーを持って歩いている若い女性の群れに何度も遭遇。

11月11日はその字面からIIIIということになり、ポッキーがそれに一口乗っかって今回のJ SOUL BROTHERSのコンサートがここ名古屋で行われていた模様です。

このグループがEXILEの何らかのユニットなのだろうというのは何となく知っていたのですがそれ以上の何も知りません。(まあ、そもそも知ろうという気もないのですが・・・。)女の子達からの人気というのはやはり凄まじいようで、あのドームを埋め尽くす形で人が集まりやはり中に入りきれなかったチケットレスの子達もたくさんいたようです。

そうこうしているうちに開演時間と思われる6時が刻々と近づいてくると本当に”潮が引くように”モールの中の混雑が収まっていきました。

我々ファミリーはと言えば、その人の群れを掻き分けつつ、あちこちまわったモールの中でやっと空いたフードコートの椅子に座り、ピザ、チキン、パスタ等を食べてやっと生き返った感覚に包まれたのでした。低血糖はやっぱつらいですな。

とにかく女の子達の元気の良さに嫁さんも私も驚いた一日でした。若いっていろんな意味で凄いもんです。

2017年11月10日金曜日

面倒くさい書類の季節

日本では、外が寒い時期になってくると毎年”私の嫌いな書類”を準備する季節がやって参ります。

その書類は「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」です。
私はこの手の準備・申請書面を書くのが”大大大嫌い”でして、基本的には何時も誰かの書式の真似や丸投げをしてお願いをするのが通例となっておりました。

しかし、今年からは必要な書類の検索などはするものの、書き込みに関しては家で嫁さんが空いた時間に積極的に行なってくれるので大変助かっております。

サイエンスの論文の準備と違って、税務関係者によって準備された租税の体系と言うものは本当に歪みまくって矛盾が積み重なって居る上に、理屈もボロボロで、もし税務署の人間に「何故この徴税のこの部分はこういうふうになってるのか?」と尋ねれば多分”本質的に理屈通りの説明”は全く出来ないものと私は想像します。だって、税金って集めるための理屈がそれこそギトギトにヒューマン・ファクターそのものですから・・・。

しかも、徴税の理屈なんて言うのはほぼ全面的に為政者側の都合のみによって成り立つもので、税金を支払う側の人間の「私の税金はこうやってここに使って欲しい」などという要望は普通1ミリも通りません。ただし、きつすぎる徴税は政府崩壊と社会の衰退を招きますので、慎重なコントロールを”常に”求められるわけです。

税金の使い道を考える役所の脳みその中は「どうやれば効率よく毟り取れるか?」ということで頭が一杯で、そもそもそういう様に設置されているのが税務署ですから無理もありませんが!
この毟り取り方には”公平に”と言う行為の難しさが入っているわけですが、そこの難しさはまた格別。とても人間が純粋な思考の産物を社会に当てはめられるとは思えません。w(だから不公平感というものが残ろうのは当然なのでしょうが。)

しかも、実際は本来それと同様に大切なはずの「徴税後の使途」という仕事が彼らには割り振られておりませんし、そこを考えるのはこれまた国会の無能ヒマ人軍団と省益代表者の権化たる能吏の皆様なので、納税者としては基本的にその手の人達に関わって勝てるはずもないのです。

国会の無能軍団は選挙でなんとか配り方を考えられますが、それも実際には省益との鬩ぎ合い、利益誘導や優先順位をめぐる色々なしがらみが大きすぎて、実際には自分達の頭脳を使って考えたところでそれがワークする訳でもありませんし。

それにしても我々庶民にとっては”税金と死”だけは確実に公平にやってきますな。orz

2017年11月9日木曜日

大曽根でバイト先の施設の方々とワイワイ

今日はバイト先の施設(在宅医療)のお誘いで大曽根で美味しいご馳走をいただきました。

基本的にお酒を愉しむお店なのですが、今回は食べると話すが中心。十人ほどのみんなとビールと日本酒は飲みつつも話に花が咲いてどうにも止まりません。私自身はこの施設に行って患者さんを診始めたのは実に一ヶ月ほど前からですので、スタッフの名前も全員言えるわけでもありませんし、今回初めて見たスタッフも居る始末でしたが、皆本当に和気藹々として楽しく話せました。

こう言った在宅医療のバイトというのは一週間の中で一日だけ選んでできる仕事の一つなのですが、若い先生の中には健診に行ったり、産業医のバイトに行ったりということをする医者もいるわけです。
最初の頃はこの在宅医療のバイトに行くのはイメージも掴めず、どんなものか良く理解していなかったのですが、今ではスッカリ理解しているつもりです。まあ、娘の大学卒業までは続けようかと思っておりますが・・・。

普通の方々にとっては訪問診療というのは一体何よ?というように思われる方が居るのは当然なんですけども、このような施設を在宅医療の対象として”みなし”で在宅とするのは日本の制度の一つの決まりなのです。

いわゆる一軒一軒の訪問というのも勿論ありはするのですが、それはやはり全体の中ではまだまだ少数。老健などでの大人数の入居者さん達が入っている中で効率よく月二回という基準を満たすためにAグループ、Bグループなどと組を作って診てまわるのが、今の訪問診療における全国の平均的スタイルだと思います。

個人宅の中には(私は幸いにして経験がないのですが)家のアチラコチラからゴキブリが湧き出て走り回っているような凄い独居老人の御家庭もあるようで、他の女性の先生の中には「もうやだ〜!」とか言って半分涙目の方もいらっしゃるとか。当然ですが。w

何はともあれ大曽根での懇親会。また、この仲間で飲んでみたいなと思えるような楽しい飲み会でした。